○第54回全国隣保館長研修会 開催要綱(PDF)
○第54回全国隣保館職員ブロック研修会 開催要綱(PDF)
○基調《上記両研修会共通》(PDF)

 

第54回全国隣保館長研修会(隔年実施)

【研修会テーマ】

地域共生社会の実現を隣保館から

【趣 旨】

  1. 昨年12月16日に施行された「部落差別の解消の推進に関する法律」を踏まえて、隣保館は同和問題解決の拠点施設であることを再確認するとともに、福祉の向上や人権啓発の住民交流の開かれたコミュニティセンターとしての役割について、共通認識をさらに高める。
  2. 実践報告では、「あしたの隣保館検討委員会報告書(2007.5)」の5つの視点と、厚生労働省地域福祉課から出された「これからの地域福祉のあり方に関する研究会報告書(2008.3.31)」の内容を基にした事例を研究討議し、隣保館活動をこれからのまちづくりのモデルとして高めていく。
  3. 取り組みにおけるこれまでの成果と、これからの課題を明らかにするなかで、隣保館として果たすべき役割や、長所を活かすための工夫や方策について、参加者相互による実践交流をさらに深める。
  4. 今後、国において、「地域共生社会」の実現に向けたさまざまな取り組みが進められることを受けて、本研修会では、その内容について共通理解を深めるとともに、隣保館においても、「地域・人に寄り添う」その第一線機関としてさらに飛躍することをねらいとし、館長・職員並びに隣保事業に関心を持つ関係者の資質とスキル向上を図ることを目的とする。

 

【主 催】

全国隣保館連絡協議会

【後 援】

厚生労働省
関係府県(依頼中)

【開催日】

2017年10月19日(木)~20日(金)

【場所】

  • 全体会・第1分科会 大分県別府市「別府市中央公民館」(大分県別府市上田の湯町6-37/電話:0977-22-4118)
  • 情報交換会・第2~6分科会 大分県別府市「別府亀の井ホテル」(大分県別府市中央町5-17/電話:0977-22-3301)

 

【参加対象者】

  • 隣保館長(館長が欠席の場合はその代理)
  • 隣保館長(館長が欠席の場合はその代理)
  • 関係府県、市町村職員(隣保館運営委員会委員等の隣保館関係者を含む)
  • 全隣協各ブロック事務局担当者、府県隣協事務局担当者
  • 広域隣保活動事業を実施している府県、市町村関係職員
  • 隣保館と連携する関係者(児童館・教育集会所等の関係施設)
  • 隣保事業士及び隣保事業士資格認定講習を受講しようと考えている方

 

【開催日程と内容】

10月19日(木)【1日目】 10月20日(金)【2日目】
11:30~12:30
分科会運営打ち合わせ会議
9:00 分科会
1.隣保館活動入門
2.考え・発見する隣保館 【社会調査及び研究事業について】
3.支える・寄り添う隣保館  【相談の取り組みについて】
4.つながる隣保館  【地域交流の取り組みについて】
5.見守る隣保館  【地域福祉の取り組みについて】
6.発信する隣保館  【啓発・広報の取り組みについて】
11:45 (昼休憩/移動)
13:00 受付 13:00 記念公演
「生笑一座」による公演 NPO法人 抱樸
14:00 開会行事
主催・来賓挨拶/全隣協永年勤続表彰式
14:30 閉会行事
14:45 行政説明(仮称)
「『我が事・丸ごと』の地域づくりにむけて」 講師:厚生労働省地域福祉課(依頼中)
14:40 参加者アンケート回収
日程終了
15:30 (休憩)
15:45 基 調
16:00 実践報告(仮称)
「地域共生社会をめざす『地域食堂』 ネットワークの取り組み」
講師:鳥取市中央人権福祉センター職員
16:45 特別報告(仮称)
「部落差別解消推進法の具体化に向けて ~隣保館の役割~」
講師:全隣協常任顧問兼事務局長
17:30 (休憩/移動)
18:30 情報交換会 (~20:30終了)

 

【参加費】

参加資料代:3,000円
情報交換会参加費:5,000円
斡旋する施設の宿泊費:5,700円~9,000円
※詳細は、開催要綱(PDF)をご参照ください。

【その他】

本研修会は、隣保事業士資格認定講習を受講する要件となる研修会に該当します。

 

第54回全国隣保館職員ブロック研修会(毎年実施)

【研修会テーマ】

地域共生社会の実現を隣保館から

【趣 旨】

  1. 昨年12月16日に施行された「部落差別の解消の推進に関する法律」を踏まえて、隣保館は同和問題解決の拠点施設であることを再確認するとともに、福祉の向上や人権啓発の住民交流の開かれたコミュニティセンターとしての役割について、共通認識をさらに高める。
  2. 実践報告では、「あしたの隣保館検討委員会報告書(2007.5)」の5つの視点と、厚生労働省地域福祉課から出された「これからの地域福祉のあり方に関する研究会報告書(2008.3.31)」の内容を基にした事例を研究討議し、隣保館活動をこれからのまちづくりのモデルとして高めていく。
  3. 取り組みにおけるこれまでの成果と、これからの課題を明らかにするなかで、隣保館として果たすべき役割や、長所を活かすための工夫や方策について、参加者相互による実践交流をさらに深める。
  4. 今後、国において、「地域共生社会」の実現に向けたさまざまな取り組みが進められることを受けて、本研修会では、その内容について共通理解を深めるとともに、隣保館においても、「地域・人に寄り添う」その第一線機関としてさらに飛躍することをねらいとし、館長・職員並びに隣保事業に関心を持つ関係者の資質とスキル向上を図ることを目的とする。

 

【主 催】

全国隣保館連絡協議会 / 全隣協各ブロック協議会

【後 援】

厚生労働省
関係府県(依頼中)

【参加対象】

  • 関係府県、市町村職員(隣保館運営審議会委員等の隣保館関係者を含む)
  • 全隣協各ブロック、府県隣協事務局担当者等
  • 広域隣保活動事業を実施している府県、市町村関係職員
  • 隣保館と連携する関係者(児童館・教育集会所等の関係施設)
  • 隣保事業士及び隣保事業士認定講習を受講しようと考えている方

 

【開催方法】

  1. 東日本・近畿・中国・四国・九州の各ブロック単位に開催する。
  2. 5ブロック統一の開催要綱を踏まえ、日程、運営、その他細部については、各ブロック研修実行委員会に一任する。
    ※内容につきましては、それぞれのブロック事務局から各府県隣協事務局を通じて各館に配布される開催要綱をご確認ください。

 

【開催日程・場所】

ブロック 日  程 場 所
東日本 10月 26日(木) ~ 27日(金) 三重県/四日市市 「プラトンホテル四日市」
近 畿 11月 9日(木) 滋賀県/大津市 「解放県民センター光荘」
中 国 11月 21日(火) ~ 22日(水) 山口県/山口市 「山口県健康づくりセンター」
四 国 10月 5日(木) ~ 6 日(金) 徳島県/徳島市 「アスティとくしま」
九 州 11月 28日(火) ~ 29日(水) 鹿児島県/鹿児島市 「マリンパレスかごしま」

 

【その他】

本研修会は、隣保事業士資格認定講習を受講する要件となる研修会に該当します。